重視すべきは即戦力?スキルアップは教育の一環

長い目でみることが大事

社員教育をするときに、即戦力を重視すべきか悩むこともあるかと思います。社員のスキルアップは教育の一環でもあり、人事担当者にとって重要な課題です。
しかし、即戦力を重視するのは、将来的な面から考えるとあまり好ましくありません。即戦力を重視した社員教育は、会社の未来も見えにくくなってしまいます。
社員に過度なプレッシャーを与えず、長期的な教育を進めていくことが大切です。即戦力ばかりに気をとられてしまうと、社員一人一人の良さも見つけにくくなってしまうでしょう。
社員教育をするときには長い目で見ることも大事です。目先のスキルアップだけでは、将来の仕事には活かせません。焦らずじっくり取り組むようにしましょう。

視野を広げてみること

社員教育は、会社の業務に沿った内容で行われるのが主流です。業務のスキルアップを目的とした研修など、社員の適性を知る機会にもなります。
社員教育のカリキュラムを組むときには、視野を広げてみることも大切です。昔から会社でずっと行われてきた内容だからといって、そのまま何も手を加えないのは避けましょう。
会社の業務に変化がなくても、時代の流れは大きく影響してくるものです。即戦力となる人材でも、時代の流れに対応できなければ活躍の場は減っていくでしょう。
人事担当者として、社員一人一人の成長をサポートできる環境を整えなければなりません。社員教育は会社の未来を左右するので、将来を見据えた内容が望ましいと言えます。