変わってる?今どきの社員教育

ゆとり教育の影響が大きい

ゆとり教育を受けてきた世代が次々と社会へ出ています。ただ、ゆとりを持って育ってきた世代は厳しいことに弱く、粘りが無いと言われています。厳しい社員研修の最中に匙を投げてしまい、辞めてしまう社員もいます。時間とお金をかけて採用活動を続けてきたにも関わらず、これからという時に辞められると会社にとっては大きなダメージです。
かつては、街で新入社員が社会勉強のため名刺交換を求める姿が多くありましたが、近年は減ってきました。知らない方にいきなり名刺交換を求めるのは容易なことではありませんし、ノルマがあれば更に厳しくなります。
なので、今どきの社員教育は厳しい部分もありながら、突き放すようなことはなく社員が折れないような配慮もされています。

あえて厳しくすることもある

厳しい社員教育で社員が辞めてしまう可能性がありますが、この程度で辞めるのであればこの先活躍できないと判断する場合もあります。活躍できる見込みがないのであれば、無理に在籍してもらう必要はないという考えです。なので、厳しい社員教育をあえて実施することもあり、それをしっかり乗り越えてから初めてスタートとなります。
厳しい社員教育とは、主に精神面が追い込まれます。理不尽な要求、そして通常ではあり得ないような対応を求められて頭を悩ませます。しかし、現実のお客様から理不尽な要求をされるのは日常茶飯事なので良い勉強にはなります。最初にしっかりと悩んで学んでおけば、実際に困難な状況に陥った時に乗り越えることができます。