協調性?個性重視?方向性が見える社員教育

協調性重視の社員教育とは

会社は一つの組織なので、当然協調性が大切になります。協調性が無い人間はその場を乱し、結果的に浮くので仕事にも支障が出ます。悪口が悪口を生むような環境になってしまい、社内全体が疲弊しかねません。
そんな状況を防ぐためにも社員教育で協調性の重要性を教えることが大切です。社員教育で協調性を鍛えるには、グループを作って一つの課題をクリアさせるというものが有効です。一人の知恵ではなく、複数の人間が知恵を出して解決に向かうという過程は会社員にとって大きな経験となります。そして、一人で行うよりも全員で物事に取り組んだほうが楽だと分かります。その中で、出来の悪い人のフォローや適切なコミュニケーションなど色々なことを学びます。

個性重視の社員教育とは

会社で結果を残し続けるには、協調性だけでなく個性も磨かなければいけません。結局最後は誰かが助けてくれる訳ではなく自分で苦しい状況を打破しなければならないので、とにかく個々の能力を高めるしかありません。会社にはパソコンが得意な人や交渉が得意な人など様々な個性を発揮する人材がいますが、得意な分野で活躍できると会社からも重宝されます。
個性重視の社員教育では、グループの意見ではなく個人の意見を発表するような研修が行われます。例えば自分が経営者になったとして、どのように会社を運営していくか発表するなどです。
極論を言えば、社会人は協調性も個性も兼ね備えなければいけません。なのでどちらかを優先するのではなく、最初から両方身につけるという姿勢が大切です。

新人研修では、忍耐力をつけるために自衛隊の体験入隊をさせる企業があります。体力や精神力を鍛えるのに向いています。